即日でお金を借りる!【厳選5社】

即日でお金を借りる!【厳選5社】

※こちらのサイトは2015年3月16日時点の情報です。
店舗窓口・ATM情報は随時変更されるため、必ず公式サイトをご確認ください。
失敗しないキャッシングサービス

即日キャッシングするコツは複数の申込みをすることです!
あまり沢山の会社に申込みすると審査的に不利になりますが、1社づつ申込みするより2~3社選んで申込みすることで即日融資を受けることができる確率があがります。


リスト SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

プロミスは、業界内でもトップクラスの低金利設定で、もちろん無利息サービスも展開しています!
会員サービスも充実していて利便性が高いのでヘビーユーザーにもおすすめです。

リスト プロミスの詳細ページへGO!


リスト アコム

どうしても今日中に何とかしたいという人に人気のアコム。
初めてなら30日間利息ゼロ円で利用できます!土日申込みもOK!スマホで契約までできます!

リスト アコムの詳細ページへGO!


リスト 新生銀行カードローン レイク

2つの無利息タイプから選べるのでカードの使い方に合わせることができます!
銀行カードローンで無利息期間があるのはレイクだけです。

リスト レイクの詳細ページへGO!


リスト モビット
モビットは電話も郵送も一切なしというWEB完結サービスが人気です。
リスト モビットの詳細ページへGO!


リスト アイフル
アイフルなら誰にも知られずカードを受け取れます。
リスト アイフルの詳細ページへGO!


消費者金融のキャッシングが持つメリット

お金に困ったとき便利なのがキャッシングサービスです。キャッシングサービスを取り扱っている金融機関としては銀行と消費者金融があります。どちらもお金を借りられるということに関しては同じなのですが両者には明確な違いがあります。何が違うのかと言いますと銀行と消費者金融とでは規定されている法律が違うのです。

銀行は銀行法、消費者金融は賃金業法の決まりにより営業活動が行われているのです。この法律の違いにより銀行と消費者金融のキャッシングを実際に利用するうえで大きな違いが生じています。消費者金融が取り扱っているキャッシングでは賃金業法により総量規制が設けられているのです。

総量規制により消費者金融の利用者は年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ないのです。これは消費者金融にとっても利用者にとっても大きな障害になっているのかも知れませんが、一方で消費者金融を利用することにはそれを補って余りあるメリットも存在しています。

例えば、消費者金融では申し込みから審査、そして融資までにかかる時間がとても短くなっています。申し込みの準備を前もって準備しておき条件さえ合っていれば申し込みをしたその日のうちに融資を受けられることも消費者金融では可能です。

お金が必要になるときはすぐにでも借りたいと思っている方が多いと思いますので、消費者金融の即日キャッシングは利用者にとってとても大きなメリットと言えるでしょう。非正社員でも審査に通りやすいことも消費者金融のメリットとなっています。総量規制はありますが消費者金融のキャッシングもとても利用しやすいサービスとなっています。


店舗検索
キャッシングの審査の概要


キャッシングする際の審査には幾つかの手順があります。審査とはなんだろう、どう準備しておけばうまくいくのだろうかと不安に思っている人の参考になればと思います。

キャッシング審査は大きく分けて2段階に分けられると言われています。
消費者金融や銀行に開示した個人情報を元に借り入れ可否や金額を確認するものと、それら情報の裏付けなどの項目の2つです。

まず第一に重要とされるのは自分の申告する情報に嘘や偽りのないことです。ヒアリング内容はすぐに裏付けが取られます。

例えば在籍している会社には直接電話で在籍歴を確認されますし、他者からの借入の有無も信用情報機関という個々人のこれまでの借入経歴を管理している機関経由で情報確認されてしまいます。

そうしたところで故意でなくても嘘や誤りがあると信頼度はグッと下がります。そうなれば借り入れは難しくなりますし、借入限度額や金利の決定の際には不利に働くことになってしまいます。

個人から開示する情報は住所や連絡先のほか、勤務先やそこでの勤務年数、年収や貯蓄と今の住居への在住年数です。
同じところに住み続けていることも、消費者金融や銀行にとっては信頼度を高める判断材料となっているのです。
もちろんこれだけが判断基準になっているわけではありませんので、引越ししたばかりの方もご安心ください。

こうした個人情報を使って本当にお金を借りることができるか判断してくれます。
いくらまで貸しても安心して返していけるか、定期的な返済のめどはたつか、もっと言うならば騙して借り逃げされないかというところまで含めて検討しているのです。
こうして提示された情報を吟味しながら、信用情報機関経由であなたについての情報が照会されます。

例えばクレジットカードなどの引き落としで滞りがあった経歴はないか、他金融機関からの借り入れは本当にないか、申告したことは事実かを確認されます。

なお他金融機関からの借入があることは必ずしも不利になるわけではありません。しっかりこれまで返済している経歴はむしろ審査していく中ではプラス材料として判断されますので安心してください。

リスト 無人機が近くになくても大丈夫!
《スマホ》からすぐに申し込み可能です!

 ↓ ↓ ↓ ↓ 
【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

無利息のカードローンのメリット

金融会社の中には、借入から一定期間は支払利息が発生しないという無利息の期間があるところがあります。期間内に完済すれば利息はかかりませんので、給料が出るまでのほんの数日など、短期間に少額だけ借りたいと思う人には便利です。

注意点としては、無利息期間内に初回の返済日がくるので最低返済額を返済しなくてはいけません。これを忘れてしまうと、翌日から利息が発生し、無利息期間が終わってしまいます。

無利息期間のある金融会社二社のカードローンを使えば、借入して別のカードローンで完済することで無利息期間を延ばすことができます。ただし一括返済できなければ無利息期間を延ばすどころではなくなります。それに、無利息期間のある会社とたくさん契約すればいい、というものではありません。同時に複数のカードローンに申し込むと、申し込んだだけで信用情報機関に最長6か月記録が残り、金融会社では申し込みを受けた時点で照会しますので、肝心の審査に通りにくくなってしまうからです。1か月に三社を超える申し込みはしない方が無難です。

金融会社によって無利息期間の開始日は異なっています。初回契約日翌日から、というものと、初回出金日の翌日からというものがありますので注意しましょう。

無利息期間を利用して賢くお金を借りようとしているときに、借入や返済などで提携ATMや銀行振り込みなど手数料のかかる方法を使うと、無利息で得した分が消えてしまいます。

キャッシングは返済が早ければ利息もわずか!

キャッシングは利息が高いから手が出せない、と思い込んでいる人もまだまだ多いようですね。でも、実はちょっとの日数を借りてすぐに返済すれば思ったほど利息がかからないのです。

例えば、お給料前だけちょっと現金が手持ちにないから補充しておきたい、なんてありますよね?もしかしたら急に飲み会やデートが入るかもしれないのに、現金がないとせっかくの機会を逃す可能性もあります。

こんなときにはもっと気軽にキャッシングを利用するべきです。キャッシングの利息は日割り計算になりますし、金額も多額に借りなければその分少なくて済みます。それでも心配な方は借りる限度額をお給料の何パーセントまで、と設定しておきましょう。その上で何日で返すといくらなのか、シミュレーションしてみるのです。

すると、思ったよりも返済時の利息が高くないことが理解できるでしょう。たしかに、キャッシングを利用する人は返済に困っているイメージが強いかもしれませんが、実際には上手に利用することで生活の楽しみの幅と機会が広がります!

アルバイトがキャッシング審査に通過するために

消費者金融や銀行などから借入をしようとしている人の大半はお金に困っている人です。そのため安定した収入を得ている正社員の人よりも不安定で少ない収入しか得ることができないアルバイトの人のほうが利用したいと思っている人が多いです。

しかし金融機関も融資をする際に返済してくれると判断した場合に初めてお金を貸してくれます。アルバイトの人は正社員の人に比べると収入の額や安定度で劣ってしまうので、キャッシングの審査を受ける時も不利な扱いを受けてしまうことが少なくありません。

そこでアルバイトの人がキャッシングの審査に通過するためにはどのようにしたらいいのかというとまずレギュラーのバイトをある程度の期間続けるようにしましょう。なぜならキャッシングの審査を受ける際に安定した収入と利用者の勤続年数が大事になってくるからです。

それから借入の申込みをする際に利用限度額を最小限にとどめておくことも重要です。また掛け持ちでバイトをしたり、ネットで収入を得たりして収入アップするのも有効です。

カードローンとキャッシングの違い

普段からTVCMなどで、キャッシングやカードローンなどの言葉をよく目にしますが、どこがどう違ってどのような利点があるのかわからないことが多いと思います。キャッシングとカードローンは返済方法が少し違うので、自分にあったものを選べば、返済が楽に行うことができます。 まずは、キャッシングとカードローンの違いについて説明していきます。

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを使って、契約内容で定められている上限額まで、窓口やATMで借入を行うことができるものです。契約時に審査があり、審査基準を満たす必要があります。返済方法は、一般的に翌月一括払いと言われるもので、翌月の返済日までに借入金額と日割り計算で求められた利息分を返済するものです。期日、利息額がわかりやすいので、返済計画が立てやすいのが特徴です。

カードローンとは、クレジットカードやキャッシングカード、ローンカードなどを使って、窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどでお金を引き出す感覚で借入を行うことができるものです。契約に定められた上限額までなら、自由に何度でも借り入れができます。キャッシング同様契約時に審査があります。

返済方法として、一般的に分割払いという方法が取られています。一度の返済額が少額で毎月の負担少ないというメリットがあるのですが、返済完了までの期限が長期にわたってしまいます。なので、長期返済によって利息が雪だるま式に増えてしまうおそれがあるので、きちんとした返済計画が必要となります。 キャッシングに比べてカードローンは限度額まで何回も借り入れができ、毎回の返済を安くすることができる一方で、返済回数が多過ぎると利息返済額がかなり増えてしまうので注意が必要と言えます。

次は、カードローンを扱っている代表的な会社について見ていきたいと思います。 主に消費者金融系、銀行系に分けられます。消費者金融系としては、アコム・プロミス・アイフルなどキャッシングで有名な会社が取り扱っています。手続きの時間が短く審査要件がゆるい傾向にあるという特色があります。銀行系として、オリックス銀行や三井住友銀行、住信SBIネット銀行など多くの銀行が取り扱っています。審査の時間は多少かかるが金利が比較的安いところが特徴です。

カードローンでも、すぐに借りたいのか金利を安く抑えたいのかによって業者選びをしていく必要があります。カードローンは毎月余裕を持った返済ができるので、まとまった金額を借りる時にすごく便利ということができます。